東京消防庁平成29年度予算:来年度の新車導入数と新設消防署最終更新2017/01/31


★以下の情報は「東京都公報(特定調達公告版)」等からです。
東京都財務局入札情報サービスWEBSITE(PDFファイル)は こちら

このページの情報は公文書に記載された内容であるため、転載等は承諾なく可能です。
なお一部数字を変更している箇所があるため、誌面等に使用される場合は原本にて正確な数字の再確認をお願いします。
情報の一部は公報掲載前の情報サービス情報のデータもあります

閲覧できる場所
☆都民情報ルーム(都庁第一本庁舎3階)・購入も可能
☆東京都公文書館(港区海岸1−13−17)
☆東京都立図書館(中央、日比谷、多摩図書館)
☆都内各区市町村の施設(各区市町村の文書係で確認してください。)
☆本庁総務部契約課,各署の総務課経理係

過去の予算情報へ  12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

☆特殊用途車両

表の納入期限の日付で01/01以降は2018年(平成30年)です
 
入札公示日種類数量納入期限落札メーカー落札価格
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      


☆その他通信機器

 
入札公示日種類数量納入期限落札メーカー落札価格
      
      
      
      
      


平成29年度予算査定より
平成29年度予算要求2016/11より

[政策1]
1. 震災初動体制の強化 121,743千円
(1) 地震被害判読システムの維持管理  システム維持
(2) 浸水被害シミュレーションシステムの開発  調査委託
(3) 防災情報共有化に向けたデータ提供方法等に関する調査委託  外部委託
2 大規模災害対策等資器材の充実 71,584千円
(1) 大規模水災用ウレタンボートの整備  2艇 全体計画6艇/3年(1年目)
(2) 同時多発災害に対する部隊運用等に関する調査 部隊運用シュミレーション等、海外調査旅費
(3) 大規模災害用感染防護キット  3,330式
(各署30式・各HR60式・各方面本部60式)
(4) 小型無人航空機(ドローン)の整備  実証機1台
3 消防活動対策の充実 122,577千円
(1) 水上消防活動体制の強化  舟艇活動体制の強化
(2) 映像位置情報共有システム(警戒システム)の整備  システム構築 
(3) 多言語通訳サービス業務  電話通訳業務
(4) 臨海部等における効果的な消防活動に関する調査委託  臨海部・都心部
4 消防水利の整備 3,102,512千円
(1) 防火水槽の整備 14基
(2) 経年防火水槽の再生  再生工事65基
(3) 消火栓補償 
(4) 震災時多機能型深層無限水利(深井戸)の整備  練馬区1基
5 消防団装備資機材の整備等 588,998千円
(1) 消防団用可搬ポンプ(台車付)等の更新 66台
(2) 消防団用消火用ホースの更新 990本
(3) 震災対策用プレハブ格納庫の更新 15棟 
(4) 消防団員募集広報  ADトレイン・中吊り広告・車体広告
(5) 消防団用可搬ポンプ積載車の整備 増強14台・更新11台
(6) 学生消防団員募集広報  募集HP制作及び掲出
(7) 防火帽の整備 3,000個 5年計画/1年目 
(8) 消防団用災害情報収集資器材 テレビ等166台 3年計画/1年目 
(9) 消防団旗の整備 58式 
(10) 消防団員の費用弁償 3,500円→4,000円/1回
6 消防車両等の整備 4,656,857千円
はしご車・救助車・照明電源車・特殊災害対策車・大型化学車など187台
東京消防庁新消防車予算29年度
7 消防艇の整備 1,058,469千円 (1) 消防艇の増強  新型消防艇(タグボート型) (2) 新型消防艇に係る資器材の整備  フッ素たんぱく泡剤・救命浮環 8 航空消防体制の充実強化 601,145千円 (1) ヘリコプターの更新  ひばり(債務負担行為 平成31年度予算計上) (2) ヘリコプター予備部品の整備  更新機用(ちどり) [政策2]適正な救急処置と医療機関への迅速な搬送により、都民生活の安全・安心を高める 1 救急活動体制の充実強化796,505千円 (1) 救急車の増強  5台 (2) 応急手当講習普及業務委託  一式 (3) 効果的な救急需要対策に資する分析調査委託   一式 (4) 爆発テロ対応救急資器材整備  四肢用止血帯等 (5) 救急機動部隊の増強  増強1台・拠点整備等 2 救急相談センター事業  598,091千円 (1) 救急相談センターの充実強化(事業費)  一式 (2) 電話相談員  48人 (3) 電話通信員  54人 3 救急車の適正利用広報の充実 トレインチャンネル 10,551千円 [政策3]活動基盤の整備、組織運営の効率化及び人材育成の推進により、消防行政を着実に展開する 1 消防署所の整備等 10,397,703千円 (1) 署所改築 東京消防庁新署所予算29年度
(2) 分団本部施設 8棟 (3) 第九消防方面本部消防救助機動部隊  本隊舎・中層訓練棟・管理棟工事 (4) 用地取得 高円寺出張所 (5) 震災時等における消防本部庁舎の継続的な機能確保 (6) 本部庁舎の警備等委託業務 一式 2 勤務環境の整備 3,572,809千円 (1) 庁舎改修 外壁改修・待機宿舎改修 (2) 設備改修 冷暖房設備・消防学校 (3) 消防庁舎等の照明設備のLED化の推進  消防署所 10所属 消防団施設 25施設 (4) スクワール麹町改修 改修費・移転料・維持管理費等 3 情報通信体制の整備 2,842,552千円 (1) デジタル無線設備の整備 TDMA更新・SCPC維持 (2) ヘリコプターテレビ電送システムの更新  携帯設備7台 大手町基地局実施設計 4 情報処理体制の整備 117,596千円 7 職員定数 消防職員18,362人→18,496人 人件費・被服費等 736,872千円 (1) 地域防災力の充実 (2) 救急隊の増強 (4) 救急機動部隊の増強 (5) 本部庁舎警備体制の見直し (6) 再任用短時間勤務職員の増員
東京消防庁新署所予算29年度
東京消防庁新署所予算29年度
東京消防庁新署所予算29年度


本会議・委員会の記録

○庁舎建設関係
新規の改築

参考:消防署・出張所土地情報

「代々木消防署新設用地」(代々木消防署のみ10年前から変化なし)
東京消防庁:代々木消防署
都の公有財産


topに戻る